那珂川

2017/10/12

不漁


ハジメ先生も私も、今日は午前中アシダルが続いてずっとポンコツでした💧
恐るべし、海浜公園❗️ 運動会のときもそう思ったんだっけ。
ヤバいのは海浜公園ではなく自分たちの体力のなさですね…。
「こーいうときは続けて歩かなくちゃいけないんだ」 と言ったハジメ先生は、採用面接とみんなの様子を見てくると言い残し、松戸へお昼から出かけました。
子どもたちは冬服だっていうのに暑いこと暑いこと💦
よかった私、制服に無縁の生活ができて〜😬


夕方実家の父が那珂川で獲れた(のかな?)生鮭の切り身を1匹分届けてくれました‼️
イクラも1瓶ついてたもんだから、居合わせた妹がまあ喜んだことー。

今年はサンマも不漁、鮭もイカも不漁なんだそうです😔
今年那珂川で獲れる鮭は、多分姉が小6のときに放流した稚魚が育ったものではないかしら、なんてことを話していました。 そんな話をしているのを聞くと、学校で良い体験ができたんだなあ、と思います。ただし、姉は預かった卵から1匹も放流まで育てられませんでしたが😰


松戸の伊勢丹が閉店してしまうので(来年ですが)、ハジメ先生は食べものをたくさん買ってきました😅
弁当の他に、ピザが12枚も入っていました‼️
オーブンかオーブントースターで焼くタイプで日持ちが5日ほどですが、オトナ買いってゆーか、ハジメ先生じゃないときっとあんな買い方はしないでしょうね〜😮

水戸へ戻ってからすぐに教室に向かいましたが、さすがに疲れたらしく入会手続きの対応をして帰宅しました。
急激な気温の変化にも身体が痛めつけられている気がします。
何となく風邪気味、という症状も少し続いているので気をつけないと。



 

apsmito at 22:15|PermalinkComments(0)

2016/12/23

サケビン①


妹が終業式の日にサケビンを持ち帰ってきましたー。

なんのこっちゃ。

当然酒ビンではなく、サケの卵を入れたビン、です。え、イクラちゃん?
妹の小学校では毎年5年生がサケを卵から育てて那珂川に稚魚を放流しに行きます。
小学校に「サケ室」なる部屋があり、11月頃からお世話を始めて冬休み前に各自孵化前の卵を持ち帰り、3学期に放流します。

持ち帰る卵は5こ。サケは水温を低くして(10℃以下)、うす暗く静かな環境にしてあげなければならないそうです。マンション住まいなので屋内は寒い場所がなく、かといって冷蔵庫に入れるわけにもいかず、姉のときは玄関の靴入れの下にある隙間に厚紙で囲いをしてお世話しました。

一応、孵るにはかえったのですが、3こ。2こは姉が観察して「ダメだ、死卵になった」といって捨ててしまいました。私にはよくわからなかったのだけれど…。
2匹は育たず間もなく死んでしまいました。温度が高かったのか、水が合わなかったのか、原因はわかりません。ただ1匹残った稚魚を祈る思いで見守っていたのですが、放流しにいく予定日のわずか2日前、死んでしまいました。全滅…。家中みんな、さすがにけっこう落ち込みました。

妹が卵を受け取った日に先生の説明では5匹全部放流できることと5匹全滅することはそうそうない、と言われたそうです。そうかウチは超レアケースになっちゃってたのね〜…。

今回はなんとか頑張って育てたいと思い対策をいろいろと考えていたのに、昨日今日は11月並みの暖かさだって⁉️ どうすりゃいいのよ〜

とにかくビンをアルミホイルで覆い、水に氷を入れて簡易の保冷バッグに入れ、さらに保冷剤を入れて玄関の外の電気メーターボックスの小部屋?に置きました。
昨日と今日の午前中はベランダ側に置いてしまったのでヒヤヒヤしましたが、妹が観察したところによると全部生きていて眼、らしきものができているように見えたそうです。
私が見てもやっぱりよくわからないのですが。

天気予報が気になる日々になりそうですー。


 

apsmito at 21:51|PermalinkComments(0)