水戸芸術館

2017/10/22

記憶的独演会


雨が強く降ってきましたが、今日は花緑師匠本当に水戸までたどり着けたのかしらと芸術館のHPを確認しつつ出かけました。今日はさすがに歩きではなくクルマです。
開演30分前と、うちにしてはとても早い到着でした。
お茶するゆとりがあるよー、と言ってハジメ先生はコーヒーを飲みに行ってしまいました。

ふと会場の入口を見たら、何と師匠がせっせとサインをされています‼️Σ(・□・;)
案内の方が「著書をお買い上げの方にはサインをしていただけます。開演前にサイン会があるのは大変珍しいことです❗️」 と言ってる‼️

迷わず本を買って列に並びました。
子どもたちは近くにいたのに恥ずかしがってこっちに来ないし💧
仕方がないので1人でサインをいただいて、今日は写真もお願いしました。
ちょうど夜のピクニック公演でサポーターをしたときにお世話になったスタッフの方がいらして撮影してもらえました。届いたばかりのiPhone8plus❤️

自分が写っている写真を載せるのは勇気がいりましたがFacebookに投稿しちゃいました、ハジメ先生にそそのかされてね〜😅 

前半の演目は親子酒と目黒のさんま。師匠はお酒が体質的に飲めないそうです。
憧れの気持ちを込めて酔っ払いを演じるとおっしゃっていました。
ハジメ先生が感心していました。
「酔っ払いの言うことがちゃんとわかってる、あれ、うちのオヤジだ」 …(^◇^;)。

目黒のさんまに入るマクラの話に入って間もなく、北朝鮮のミサイルのときに聞いたようなチャイム音が鳴り出しました💦
最初はどこから音が出ているのかわからずにキョロキョロしてしまいましたが、どうやらマナーモードにしていたお客さんの電話からだったようです。
師匠は見事に話を継いで場内をさらに盛り上げました。
「このまま続けていいのかな、なんなら夜通しでも❓」 拍手喝采。

那珂川が危険水位に近づいたとのことで、
「実は第1回の独演会のときも台風でした」 とおっしゃっていました。「台風を呼ぶオトコ」とご自分で言われて、皆さん大ウケ。

休憩後の演目は中村仲蔵(なかむらなかぞう)。聞き応えのある出世噺でした。
終演予定を30分ほど延ばして熱演してくださいました。
終演後はまたすぐにサイン会に向かわれていて、1月に小学校にお招きして独演会を開催したときと同様、どこまでもお客さんに優しい方でした。

帰りは全国的に交通機関があれこれストップしていたようですが無事にお帰りになられたのか水戸にお泊りになったのか。
小学校の催しでお会いしたことを覚えていてくださって感激でした
太ってるとこーゆーときはトクしちゃいます〜😁


image
やさしい落語は家から持っていったのですがそちらにもサインをしてくださいました。

とにもかくにも、記憶に残る独演会となりました。きっと師匠もこのあとの高座では今日の台風独演会in水戸、をネタにされると思います〜😬


花緑師匠の記事 





apsmito at 22:05|PermalinkComments(0)

2017/08/09

半分


小学校のPTA委員会活動で柳家花緑師匠とご縁があってから落語って面白いな、と思った私と妹。
早くも今年の10月にまた水戸芸術館で独演会があると知り、チケットを取りました。前回1月に行われたときは2枚買っただけでしたので妹とふたりで行きましたが、10月のはハジメ先生にも協力してもらって4枚取りました。しかも最前列‼️ 体調を整えて、客席に穴を開けないようにしないと💦

台風一過で猛暑日になると天気予報でわかってはいましたが、明日はハジメ先生、午前はお医者さん、午後はいわきに出張なので今日、暑いのを承知で芸術館までチケットを受け取りに、そしていつもより早めのタイミングですが銀行も行ってしまいました。
水戸は覚悟していたほどには気温が上がらなかったようで助かりました。それでも今日がこの夏一番の暑さになったところも多かったようですね。平熱よりも高い気温って、何…Σ(´д`;)。

夏休みだろうとお盆休みだろうと8月だって日数が多いわけではなく、31日しかありません。
子どもと一緒にのんびりしていたって、締め日が来て、支払日が来て、データの締切日が来て、書類が放ったらかしなのに決算の締め切りも毎日毎日近づいてくるわけで💧

子どもの宿題プリントに目を通すという作業からも目を背けてしまっていますが、夏休みはもう半分終わってしまいましたね。
毎年つくづく思います。子どもの課題をスッキリと終わらせるには、親も腰を据えて向き合わなければなりません…。課題のプリントを見て、取り組むものを選んで決めて、一覧にして、実施日を決めてカレンダーに書いてしまう(うちの場合は冷蔵庫のカレンダーです)。

必要な準備物もリストにして、買い物は1日で済むようにまとめます。画用紙や原稿用紙、画材や工作のためのパーツ類、買ったら買ったで置き場を決めておかないと本番で使うときに見つからなくて探し物に時間がかかってしまいます。これまで何度ひどい目にあったことか。

規格外サイズのポスターや工作物は安全で忘れない場所に置いておかないと、提出する前に破壊、なんてこともあり得るので要注意です。汚すとか、踏んじゃうとか💧
最近は置ききれない荷物の行き場が廊下になってきているので、モノの定位置を考え直さないと😓

夏休み後半、暑さが和らいで、アタマもカラダもちゃんと動いてくれるといいな〜😅

あ、親指の甘皮をピーって剥いちゃった、イターイヽ(TдT)ノ、しばらく右手が使えません、ダメだこりゃ😣





 

apsmito at 22:23|PermalinkComments(0)

2017/05/28

テスト前


テスト対策、というタイトルのシリーズを書いたことがあります。
対策を立てていなければ、このタイトルにできないわけで…💧
今週からテストや検定が続きます。
姉の学校の定期テストもあり、今回は範囲表のチェックも予定表も手伝っていません。
私やハジメ先生の手を借りずに自分でやると言い張ったので、ひとまず結果が出るまで見守ることにしました。
自分に甘く、誘惑に弱く、失敗したときの原因を自分だとはなかなか認めたがらない困ったちゃんです。
家の手伝いとか、家族で出かけるとか気乗りしないことには「テスト前だから時間がない」なんてことを言うくせに、そのときやりたいこと、欲しいものに対しては時間が止まるようです。😞

メダカや金魚の水換えは、時間が惜しいと主張する。
そのくせ、こんなことには熱心になる。
image
姉ではなく、ハジメ先生の指です。
学校の理科教材でもらってきた「たぶん化石が入っている石」を持ち帰ってきて、
十分乾燥させて割ってみる、というものでしたが何も今日割らんでもいいじゃないか。
image
ハンマー使いも手馴れた元地質やさんのハジメ先生。
結局このあと姉が面白がってほとんどバラバラに砕いてしまいました💧
image
かろうじて無事に掘り出せた葉っぱの化石。
そしてまだ道具ごとバラバラの石が放置されています。だからヤダったんだってば‼️

今日はみんなで芸術館まで落語の独演会に行くから計画的に勉強を進めておきなさいとひと月以上も前から言い続けていたのに、テスト前に落語なんて見に行ってらんないと文句を言うくせに、帰りにデパートに行くのには率先してついてくる。雑貨屋さんで気がつけばレジにウン千円もの化粧グッズ❓をササッと出してくる。

おかしくないですか⁉️言動が矛盾だらけじゃないですか‼️

これで点数落としたら、どうなるかみーてーろーよー…(−_−#)


今日の落語は、柳家三三(さんざ)師匠。
出身がハジメ先生と同じく小田原だということです。
そしたらなんとまあ、ハジメ先生の妹の友だちの弟なんだそうです‼️😮
面白いですねえ〜。😬


 

apsmito at 21:48|PermalinkComments(0)

2017/05/06

超お得


ゴールデンウィークもいよいよ終盤、今日、武田塾は水戸も松戸も福島も動いていました。
夕方から子どもたちを置いて、水戸芸術館へ観劇に出かけました。
ギリシャ悲劇の題材だったのでまだ一緒に観ることはできませんね。(^_^;)
ヒロインは朝ドラのとと姉ちゃんもまだ記憶に新しい高畑充希さん。
がんばってチケットを取ったので、前から2番目の席でした❗️

古代ギリシャが舞台なので登場する神々の名前も人間の名前も似通っている上、親子兄弟親類敵味方が入り乱れてドロドロの愛憎関係を表現しているので、相関図と時代背景と大筋がわからないとお芝居が存分に楽しめないなと思い、開演前にパンフレットを買いました。
チケットを取ったときにネットでも少し調べましたが、きちんと理解するのは難しいです。
神様だけでもアポロン、ゼウス、アルテミス、ポセイドン、あと誰だっけ…💧
ハジメ先生は実はギリシャ神話についても結構くわしいんです。
恐らく私よりも内容をよくわかって観ていたと思います。
面白かった、とてもよかった、ってずっと言っていました。

1人で複数の役を演じた方もいたので、ちょっと気を抜いたら誰なんだかもわからなくなりそうでした💦
ACM劇場は客席と舞台の距離がとても近いので、役者さんたちの表情や息づかいがとても身近に感じられました。この水戸の小規模な劇場に名だたる役者さんたちが揃い、見応えのあるお芝居を観せていただいて、地方ならではの贅沢が味わえたと思います。公演時間も20分休憩を入れて3時間。料金を考えるとビックリするくらいお得だったと思います。
私たちが座っていたすぐ横の通路を「北の国から」蛍役で馴染みの深い中嶋朋子さんが歩いて舞台に上がって行きました。
「蛍が近くて感動したんだけど、とと姉ちゃんもかわいかったなー😄」
俳優名ではなく役名で喋るオッさん、ゴキゲン…😚

最後のカーテンコール時には高畑さんがご挨拶してくださいました。「前回の劇場の4分の1のお客さんで、とても近くて怖かった」とマイクを使わずともよく聞こえるあの澄んだ声でお話しされていました。
ごめんなさい、水戸市民は?感情をわかりやすく表現するのがヘタクソで声援などお送りできませんでしたが、心は大喝采でした。
余韻に浸って、今夜はなかなか寝付けそうにありません。
明日の公演もチケット取ればよかったな〜。

公演名は、「エレクトラ」。若干ですが、当日券が出るかもしれませんー。
 

apsmito at 22:55|PermalinkComments(0)

2017/01/22

二八


ハジメ先生は日付が変わってから無事に帰ってきました。
かろうじてお茶碗一杯分残っていたおじやを食べ、自分で見つけて買ってきたスープのレトルトを食べ、お腹が痛いと言いながらも今日も晩ご飯は食べました。妹が昨夜よりたくさん卵おじやを作りました。
一度に食べるとまたお腹がびっくりしちゃうからね、気をつけないと。

午後はアプスいちょう坂教室での勉強会、私と妹は水戸芸術館の落語独演会に行きました。
理解の助けになればと観るようになった笑点、だいぶ話題にのぼりました。
司会の昇太さんや歌丸さんの話も出て面白かったので、観ていて良かったと思いました。

今日聞いた中では妹がいちばん好きだったのは「時そば」だそうです。
落語がお好きな方はよくご存知の有名なお話です。
二八そばはそば粉の配合割合の他にもいわれがあること、ダメなお蕎麦屋はちくわの代わりにちくわぶを薄く切って使うのですが夜空にかざして月が見えてしまうほど薄く切ったお麸が出てきたこと、看板代わりの行燈(あんどん)にも色々な種類や意味があることなどを聞き、家に帰ってきてから今日の笑点を見てみたら…。
オープニングの映像の中にときそばの舞台が描かれていることに気がつきました。
いつも飛ばしてしまうか、なんとなくぼんやりとしか見ていないオープニングを今日は一時停止してまじまじと見入ってしまいました。
わかってみるとより面白い、新しい世界がひとつ増えたようでとても得した気持ちになれました。







apsmito at 21:50|PermalinkComments(0)