2017年01月

2017/01/31

黒い


今朝私が見たときは変化がなかったのですが、妹が学校から帰ってきたらサケ2匹目が孵っていたそうです。ホッとひと安心ですが、放流しに行くまでがまた心配です。(^_^;) 

昨日に続きイチゴのお話。バイオリニストの高嶋ちさ子さんのブログで、「くろいちご」というイチゴが紹介されていたことがありました。今まで食べたことがない甘さ、とあり、これはもう絶対に食べてみたいと販売している農家を探して、買いに行く機会がないかずっと待っていました。
そういえば昔タモリさんだったか、ももいちごというイチゴが紹介されたときもビックリするような値段でしたががんばって取り寄せしたことがありました。何かをがんばる原動力は食いしん坊なり…。何言ってんだか。
姉は熱も下がり咳もだいぶ楽になったので学校へ行き、呼び出しの電話もなかったのでお昼近くなりましたがくろいちご農家をめざして出かけました。電話で聞いたら小さめの粒だけれど残っているとのことだったので、ハジメ先生に聞いたら即断即決、片道130㎞。 

直売所に着いたら取り置きをお願いしていた分を除き、他の扱い品種も含めて完売の札。
いやーギリギリだったみたいですね。
高嶋ちさ子さんの話をしたら、イチゴのお礼状ハガキを見せてくださいました。
イチゴって不思議な果物だと思います。
こんなに見て美しくウキウキする、しかも皮むきとかなくて食べやすく、ケーキ、ジュース、アイスなどのデザートも種類豊富で万人受けする人気フルーツ、思いつきません。

くろいちご、なんというか、食べたことがない味です。甘いだけではない風味があります。
大きい粒も食べてみたいですが、かなり気合を入れて予約して行かなければなりません。
今シーズン行けるチャンスはあるかしら…。
何だか黒つながりで、遅めの昼食はご当地の黒い麺のラーメンを食べて帰ってきました。


 image
昨日の写真と比べると確かに黒みがかっています。
水戸の紅ほっぺよりお高めの1パック640円でした。
こちらも粒の大きさや時期により価格は変動しそうです。
うちの場合はさらに交通費を足すと…。いえ、その分人生の経験値が上がったということで。

 

apsmito at 21:37|PermalinkComments(0)日常のこと 

2017/01/30

赤い


姉の熱があまり下がらず、咳がひどくなったので学校を休んで再びお医者へ行きました。
2度目の検査ではかなり念入りに鼻をグリグリされて痛かった、と言っておりましたが結果は陰性。
血液検査の結果炎症の値が結構高かったので気管支炎と診断が出ました。飲み薬が増えてさらに咳発作予防の貼り薬も出ました。薬が効いて眠り姫状態の姉。今日は思う存分休養できたでしょう。
先週開催された小学校の研究会のため、今日妹は振替え休日。平日夕方早い時間に受付終了してしまう皮膚科にアレルギーの薬を継続して出してもらうため、ダッシュで連れて行きました。またお医者のハシゴだ〜。( ;´Д`)  何だか頭痛がしてきましたよ…。

食欲のない姉は、妹が作ったおかゆと果物は食べています。
特にイチゴはみんなの大好物。
ハジメ先生が胃腸炎になったのは度を越して大量にイチゴを食べすぎたせいではないかと密かに反省しているようです。

以前(かなり昔)小吹教室にイチゴ園の娘さんが通ってくれたことがありました。
そのご縁で初めて食べた直売イチゴの美味しかったこと❗️
それからというものイチゴはほとんどそちらの直売所で買っています。
狩ることもできますが、家でゆっくりといただきたいので買いに行きます。
あんなに面倒くさがりのハジメ先生がイチゴをせっせと買いに行くのがスゴい…。(^_^;)
食べ過ぎない程度にしっかりビタミン補給をして、元気な体に戻しましょう。



image
完熟で買うので日持ちはしません。
大きさ、色、甘さは本当に素晴らしいです。
水戸の直売価格で4パック入りがひと箱1,800円だったそうです。↑ は紅ほっぺ。
他に章姫(あきひめ)ややよいひめがある日も。
品種、大きさなどで値段は変わりますが、シーズン終盤に近づくとどんどんお安くなってきます。

 

apsmito at 16:33|PermalinkComments(0)日常のこと 

2017/01/29

ビンのサケ(サケビン②)


昨日お医者に行った姉は今日めいっぱいダラダラしていたのに咳がひどくなり熱が上がってきました。
明日の朝どうなのか。弁当作る前に判断したいところですが起きないからなあ…(ー ー;)

稚魚に孵ると世話が大変だからと毎日せっせと氷を運んで水を冷た〜くしてサケの卵を保存?していた妹(1月15日桜の木参照)。1月後半になっても一向に変化を見せず、だんだん卵の周りが白っぽくなってきて、最初の自信はどこへやら、「全部死卵になっちゃったのかなあ」と悲観的な推測までし始めました。
「全滅した人は1月中だったら学校の稚魚をもらえるんだって。火曜日もらってくるね」と覚悟を決めていました。

黒い目玉は見えているのですが動いているようには見えない。
姉の時よりも環境は良くなっているはずなのに1個も孵らなかったらもはや原因がわからない…。

朝も様子を見たのですが何となく気になって夕方も珍しく覗いてみました。卵に衝撃を与えないように1日1回だけ見るようにしていたのですが何だか今日は見に行ってしまったんです。

冬休みが終わってから、ビンを2つ用意して卵を分けて入れていたのですが、小さい方に入れた2つのうち1つが稚魚に孵っていました‼️
妹を呼んでも本人はまだ半信半疑。「その稚魚生きてんの⁉️」意味わかんないし。Σ( ̄ロ ̄|||)
卵の袋をお腹につけたまま元気にピユッと動くのを見てようやく納得した妹、顔がぱあっと明るくなりました。まる子か…。(^_^;)
「生まれてすぐ死んじゃうこともあるっていうからね、もうしまうから、もう見ないでっ❗️」
自分じゃ様子を見に行くのも忘れて放っておいた日もあるくせに。
残りのたまちゃんたちも孵ると良いね。今回こそ、放流まで育って欲しいなあー。


image
姉に写真を撮ってと頼んだら真上から撮ってるし。老眼にはわかんないってば。


image
姉にビンを持たせて真横から。目玉がくっきりと見えています。
お腹にくっついている卵袋の栄養がなくなったらエサやり開始です。






 

apsmito at 21:47|PermalinkComments(0)日常のこと 

2017/01/28

かかと①


月曜日の独演会よりも、今日の研究会受付のお手伝いの方が体へのダメージが大きかったです。
集合が朝8時だったので妹と一緒に玄関を出てエレベーターを降りて。そこまでは一緒だったのに、なぜかどんどん引き離されていきます。私は横断歩道で妹は歩道橋。上り坂が終わるT字路では妹がまったく見えなくなっていました。

昇降口で靴袋を渡す案内が担当でした。足が冷たいだろうと靴下に貼る用のカイロを装着していましたが、手はかじかむし午前中立ち通しでだるい上に足の裏が痛くなりました。
ここ半年ほどかかとが痛みます。以前バラエティ番組か何かでメイプル超合金の安藤なつさんが、太っていることで膝よりも先にかかとが痛いと話していたのを見たことがあります。
おんなじだ‼️Σ(´д`;) この体型をなんとかしないと体の重みを足が支えきれなくなっちゃう…。

姉が風邪気味で咳も出てきたので午前中お医者さんに行くように言って出たのですが、心配だったので少し早くお手伝いを終わりにしてもらって病院へ様子を見に行きました。
熱が37.8度あったとかで、鼻が痛いからやりたくないと言っていたインフルエンザの検査をして結果待ちのところでした。
幸い陰性で風邪薬と抗生剤を出してもらって帰ってきました。
病院からの帰り道も姉に歩くのが遅いと言われ、だっていつもよりかかとが痛いんだものー。

家に戻ると入れ替わりでハジメ先生が武田塾松戸校の面談応援に出かけました。
子どもたちも私も疲れてしまい、お昼は菓子パンやポテチをつまんで夕方までくったりしてしまいました。
他の委員さんは夕方まで仕事が残っていましたから申し訳ないなあと思うのですが、それにしても体力のなさをつくづく感じました。まずはストレッチを始めた方が良さそうですー。

 

apsmito at 19:21|PermalinkComments(0)日常のこと 

2017/01/27

すし


明日はまた小学校の研究会お手伝いで早出だとゆーのに、卒業生宛のお知らせ文面を考えていたら晩ご飯の支度が遅くなり、こまごまとした用事も遅くなり…(;´Д`)

昨日はお昼におすしやさんに行きました。
高校生の卒業パーティーを開催したこともあったのですが、別の場所に居酒屋を開くので閉店されていました。たまたま病院の帰りに通りがかったら花が出てお店が開いている‼️
ハジメ先生に知らせて一緒に見に行ってみたらランチ営業再開していました‼️(*´∇`*)
「去年60になったけどさ、人間死ぬまで働かなくちゃダメだと思ったんだよね」
親方、嬉しいです。水戸にまた食べに行けるおすしやさんが戻ってきてくれて。
昼は鮨ランチ、夜は別の場所で居酒屋、ご夫婦2人でどちらも切り盛りされています。

お店の名刺も新しくなっていました。手にとって眺めていたお客さんが不意に、
「ここに江戸前ってあっけどさ、北海道はどこでも小樽ずしってなってんだよね。じゃあ、関西に行くと何ずしっていうの?」と尋ねました。
親方は少し考えて、「江戸前は江戸の港で獲れた魚で握る鮨のことですよ」と答えていました。
関西ではもともと押し寿司だから握りはやはり江戸前というのではないか…とハジメ先生とあとで話していました。

ちょっとわからないことがあればいつものWikiさんで調べます。
小樽ずしという種類の鮨は出ていませんでした。おそらく小樽の魚を使った鮨、と表示しておくと美味しそうだからお店の名前と合わせて「小樽ずし」と付けているのではないかしら、と推測しました。
お鮨の元祖は関西の押し寿司で、江戸では握りが主流になって江戸前といわれるようになったこと、関東大震災で江戸にいたすし職人が全国に散らばり江戸前握りが広がっていったという説があることも知りました。

大好物のおすしなのに知らないことがたくさんあるんだなあ、と思いました。
役に立つようにとか、勉強になるからとかいう目的だと調べ物は面倒くさいかもしれません。
なんだろう、知りたい、という好奇心が持てると調べ物が面白くなるし、自分の知識として吸収できていくのではないかと思います。
私の興味の対象は食いしん坊ネタにかなり偏っている気はするのですけれど〜。(^_^;)

ちなみにおすしやさんは「芳乃鮨」。こちらの親方が「プレミアム特訓コース」を作るヒントをくださいました。当然お店にも「プレミアムランチ」というメニューがあります。2,000円でこれ全部ついてるの⁉️というお得感満載の回らないおすし、ご褒美ランチにオススメです