2016/11/19

水戸っぽオセロ


アプスのブログをここに引っ越した頃、水戸ではなんとオセロのワールドカップが開催されていました。
妹が小2の時に参加したオセロの水戸市長杯で面白さに目覚めたようで、たまに練習に出るようになりました。
日本オセロ連盟という団体があり、中学生までは会費無料で会員になれます。会員になると公式の試合に出て勝ち数により級や段位を取ることができます。
茨城ブロックでは水戸市内で定期的に試合やイベントがあり、初心者でも練習することができます。
妹は市長杯ではそこそこ好成績でしたが連盟の試合では有段者とも当たってしまいショックで大泣きしたこともありました。今では懐かしい話です。
姉も付き合って始めましたが妹には勝てず、今はほとんどやろうとしません。(^_^;)
それでもかつて一度だけ有段者の大人に勝ったことがあるんです。
石のちょっとした置き方でどんでん返しもあり得る、奥の深いゲームだと思います。

オセロはもともと水戸在住だった方が将棋よりも簡単に楽しくゲームができるようにと、牛乳ビンのふたを使って考案されたそうです。
残念ながら考案者の長谷川五郎さんはワールドカップ開催の前に今年亡くなられてしまったということです。
くわしいお話はオセロ連盟のHPで読むことができます。 

塾らしい? 話をすると、小中学生が参加するオセロの大会でトップレベルの力がある子は、算数オリンピックでも入賞しているらしいのです。参加者のお母さんからうかがったことがあります。
脳の使う場所や思考パターンに共通点があるのか、研究したら面白いかもしれません。
思考力を使う算数オリンピック問題が解けるようになるのなら、無料で参加できるオセロって素晴らしい教材だといえるかもしれません。
過去の栄光になってしまいましたが、かくいう妹もオセロデビューの翌年に算数オリンピックの低学年部門で金メダルを獲りました。あのひらめきと輝きは今いずこ…(−_−#)

妹は小学生オセログランプリで全国まで2年連続で出られましたが、全国大会では2年連続で負け越しました。(⌒-⌒; )  2級の座が不動になっているしね。
6年生で1級、初段、取れたらいいのになんて親は勝手に願うのですが、本人今はオセロとはまったく関係のないマンガに夢中です。あーあ。

image
今年の市長杯で参加賞にもらった缶バッジ。妹に言わせるとこの盤の状況は
「黒が優勢だね」なんだそうです。



apsmito at 21:33|PermalinkComments(0)子どもの話 

2016/11/18

同音異義語?


image
良い香りでした。寒くなってきましたがお風呂は春になりました。


妹が「今日ね、学校の帰りにニュウヨクリョウをもらったよ」と言いました。
ニュウヨクリョウといえば入浴料、つまりスーパー銭湯は500円くらいで…???

私はお風呂に入れるのを「入浴剤」と普段呼んでいるのでとっさにピンとこなかったのです。
どうでもいいといえばどうでも良い話。
でも言葉って面白いなあ、なんて考え始めると他の話を思い出したり、連想したり。
話していた時は何だそれ、と笑っていたのにいざブログに書こうと思うと思い出せない。
トシでしょうか…(⌒-⌒; )

ネットで調べてみると、子どもの頃に言葉遊びした懐かしいフレーズがありました。
ぱんつくった
くるまでまとう
ここではきものをぬいでください
文字を入力して変換すると意味がわかります。
入浴料の例とは意味合いが違いますが、懐かしかったので載せちゃいました。
「ぎなた読み」または「弁慶読み」というのだそうです。

ちなみに入浴料は、水戸市のキャラクターみとちゃんが、歩道や駅のホームの点字ブロックへの注意喚起を呼びかけるキャンペーンで配布していたようです。 
みとちゃんが配っていたなら梅の香り?と思ったら、桜でした。(^_^;)
とても良い香りで、せっかくなのですぐに使いました♪


 

apsmito at 21:44|PermalinkComments(0)日常のこと 

2016/11/17

原稿ができた


今日は妹が通う小学校で入試があったので学校はお休み。
お天気も良く、昼間は暖かくて遊びに行きたくなってしまうところでしたが、デザイナーさんが原稿を待ってくれている上、昨日は1日出張で作業が止まりゆとりがまったくない状態だったので、がんばれ、仕事。

アプスの広告は説明、主張、あとはなんだろう、卒業した生徒のその後だったり、ハジメ先生の自慢だったり、B3サイズの大きな紙を使っているのに塾らしい宣伝をあまり載せていない、かも…。
そしていつも読むのに疲れてしまうくらいびっしりと言葉が詰まっているのです。

今回の冬広告は今までのと比べると文がとても少ないと思います。シンプルに目覚めたハジメ先生が伝えたいことを絞り込んでそうなりました(ということにしておきます)。

けっこう無茶なことをデザイナーさんにお願いしてしまいました。時間ないのに、ごめんなさい。 
私たちと同世代のデザイナーさん。やはり同じ年頃の娘さんがいます。いつも素晴らしい広告に仕上げてくれます。できてくるのがとても楽しみ。残りの事務作業もがんばろー…(と自分に言い聞かせて…^_^;) 。

apsmito at 20:33|PermalinkComments(0)日常のこと 

2016/11/16

弁当は?



今朝はハジメ先生の副業に関わる用事で8時には出なければなりませんでした。
妹が小学校へ行くのに玄関を出ようとしたときに、
「お母さん、弁当は?」 
ええええ〜っ
妹の小学校は月に1度弁当を持って行く日があります。
大抵は月末の水曜日なので、16日の今日弁当があることをまったく想定せず、出かける準備で頭が一杯になっていました。7時38分。

さあ何とかしなければ。
夕方の留守番用に作ったおにぎりがあったのでそのまま袋に放り込む。
姉の弁当にとたまたま買っておいた真空パックの出し巻き卵とコストコで買った1㎏の皮なしウインナー、大急ぎでチンしてタッパーに。「なんで卵焼きがあんの?」と妹はビックリ。
いつも持って行くのが儀式のようになっている、さけるチーズはストックがあったのでこれもひとつ袋にポン。
野菜がないなあ。プチトマトも使っちゃったし。
今日のところはしょうがない。作り置きして凍らせておいたこんにゃくゼリーを入れて完了。
「ほい、何とかできたよ手抜き弁当‼︎」 7時43分。
必死になるとどうにかなるものです。
そういえば昔、姉が小学生だったときに弁当を開けたらバナナが1本入っていてのけ反った男子がいた、って聞いたことがあったっけ。

いつも思い込みはいけない、何でも必ず確認するのが大事です、と言い聞かせている母がこれじゃあね、説得力がありません。結果オーライで間に合わせるのがエライでしょ、とでも言いますか。 

出発もそれほど遅れずに間に合いました。あーよかった。image
子どもたちには手抜き弁当を持たせつつ、ランチに天丼いただきました。
美味しかった〜

 

apsmito at 19:26|PermalinkComments(0)日常のこと 

2016/11/15

目がショボショボ


今の仕事にネットは必須です。
3年近くかけてようやく管理システムが使えるようになってきました。
生徒さんや先生の情報登録、授業の配置と記録、保護者の方とのやりとりなど、システム上で行うことが増えてきました。
休校日や各種検定実施日の連絡などはとても便利になりました。
ご家庭で使用料をご負担いただいていますが、webテストもできて表彰制度もあります。
毎月アプスで1番が取れるとご褒美があるんです。^_^
アプス内の競争なので人数は多くありませんから(^_^;)、みんなやる気が持てるみたいで受験シーズンに向けてwebテストを家庭学習に取り入れてがんばってくれる子が増えています。

スマホでもタブレットでも使えるシステムなのですが、ログインが煩わしい。
私はスマホとガラケーの間をとったガラホといわれるケータイとタブレットを併用しています。
外出中にタブレットは不便なこともあり、直接ケータイメールやLINE(ガラホはそこそこLINEができるんです)でやり取りすることもあります。
ただし何十人まとめて同じお知らせを送信する場合はやはりPCを使わなければなりません。

 なんで子どもたちは毎日飽きもせず様々な電子機器を使い続けられるのだろう。
毎日夜には首肩カチカチ、目はショボショボ、アタマも疲労でグッタリです。
システムへの入力作業はほとんどスタッフの先生にお願いしているのに、作らなければならない書類はちっともなくならない気がします。勉強してもしてもやらなくちゃならないことが出てくるのと一緒かな〜。
夜に文章を入力していると誤入力も増えて、茨城弁で言うところの「いぢやげんなぁ」 になります。
音声入力やら他の便利機能を使えない私はネックウォーマーと蒸気でアイマスクが必需品です。
それにご馳走&温泉がついていたらがんばれるかなぁー…(⌒▽⌒) 

 

apsmito at 21:43|PermalinkComments(0)アプス