2017/01/18

持ってる?②


デグーのハゲ治療でクスリをもらうのに2時間半。
タブレットを持ってってブログ書いちゃえば良かった…。

妹はてんびん座ではありませんが、酉年(とりどし)で今年はトシオンナです。生まれて2回目だね。
何か起こるかなー。
なんと今日も届きました。コードF-6の賞品二つめ、宛名は妹‼️
姉が当てて、結構悔しかったんじゃなかろうか。
妹は謎解きにかなり貢献してくれましたから。

のべの参加者数は軽〜く20万人を突破しているようです。
全エリアをクリアして当選確率は上がっているらしいですが、子ども2人よく当てたこと。
じゃあ、酉年でてんびん座の人は今年どんなことになるのでしょうか。



image
エポック社のアクアビーズアートカラフルくるリングペンセット(商品名長っ
小学校低学年のときに姉妹で夢中になって遊んでいました。
久しぶりにまたやる〜、て喜んでいます。姉は羨ましそう。


 

apsmito at 22:26|PermalinkComments(0)日常のこと 

2017/01/17

持ってる?


これもまた日常といえるのかどうか迷うところですが…。
一説によると、12年周期で12星座に順番に強運が巡ってくるそうです。木星との関連がどうだとか。
占いの話なのでとらえ方は人それぞれだと思いますが、私の場合はハジメ先生と出会ったのが強運の年、結婚したのがハジメ先生の強運の年でした。その12年後も、人生の転機になるようなことが起きていたので私は信じたいなと思っています。
調べたところ、今年はてんびん座が強運の年らしいです。我が家の姉がてんびん座です。

去年、福島に用事ができて出かけたときに高速道路のサービスエリアで「コードF-6」という冊子をハジメ先生が見つけて持ってきました。
遊園地などの施設や店舗などを会場にして宝探しイベントを運営する会社が、福島県とコラボして県内の市町村を会場にした大がかりな町おこしイベントを案内した冊子でした。

全部で35 箇所のお宝ポイントがあり、期間内にクリアした数により賞品を選んで応募ができる仕組みでした。それとは別に各エリアでクリアするたびにプチ記念品ももらえました。
参加費は無料、でも交通費や食事、宿泊など人が動くことにより生じる経費は地域の収入につながるわけで、うまく考えられているなあ、と感心しました。
お宝のヒントは冊子に載っていますがネットからダウンロードもできます。
去年で6回目だからF-6だったんですね。私たちは去年初めて知りました。
かなり離れた都道府県からも熱心なファンが参加したようです。
謎解きを考えるのは面白く、宝箱を見つけるのはけっこうな移動があったので体力づくりにもなりました。

10月末で終了したこのイベント、もう年も明けちゃったし賞品は当たらなかったんだねえ、なんて朝話していたら、まあビックリお昼前に小包が❗️
姉宛にりんごジュース。
なんだろねと差出人を確かめたら「コードF-6」とあるじゃありませんか‼️
いちばん謎解きにやる気を見せず家族から非難を浴びていたくせに、当たっちゃったよ、さすがてんびん座、この勢いでお年玉年賀はがきを見てみ、といったら姉宛に切手シートの当たりもありました‼️

「今年のうちに全部検定を取っちゃいなさいよっ‼️」
それよりも宝クジを買わせた方が良いかしら…(^_^;)



image
今年もF-7やるよ〜、というお知らせが同封されていました。
茨城もやったら魅力度上がるかな。




 

apsmito at 21:55|PermalinkComments(0)日常のこと 

2017/01/16

ゴトウさん


学力診断テストがちらほら返ってきたり、統一テストの得点がボチボチわかったり。
センター試験も自己採点が済んで悲喜こもごもの状態だったり。

あとになると何であんな答え書いちゃったんだろうって思うことがよくあるようです。
ミスしたことに時間中に気がつけばもちろん良いのだけれど、どうも本番に弱く日頃の努力?が実らないということもままあるようで。

前にも書きましたがテストは直しがとても大切だと思います。
ゴトウさん、つまり誤答は放置しないこと。ほったらかしはゴトウさんに失礼です。
間違えたプロセスを検証して、どこからが誤りだったのかをしっかり見つけて道を正さなければならないと思います。
我が家の子どもたちも含めて面倒くさいことをやりたがらない世代。
そりゃ私だって面倒くさいのはイヤですが、ゴトウさんを放っておくと後々やり直す量が膨大に増えてますます面倒くさくなるわけです。自力ではどうにもできなくなるケースもたくさん見てきました。
どうやってゴトウさんと真摯に向き合わせるか。

妹が聞いてきた理科の珍回答。
結露のことのようですが、コップの周りに水滴がつくのはなぜ…という問いに対し、
「コップから水がしみ出したから」 

大喜利だったら、座布団がもらえそうなんですけれどね〜。

 

apsmito at 22:33|PermalinkComments(0)子どもの話 

2017/01/15

桜の木


今朝も家のサケビンは卵のままだったそうです。
先週末(おととい)は大抵のおうちで稚魚が孵ったらしく、「ホントに卵は生きてるの?」と私はちょっと不安でもあります。妹は「寒過ぎて死ぬことはない」と信じて今朝もせっせと氷を足しに行きました。「ねえねえ昨日入れた氷がまだ溶けてなかったよ、保冷剤もカチカチだった❗️」そりゃこの寒波だもの…。

今日は日曜日で笑点の日、小学校のPTA委員会で来週落語家さんの独演会を開催するのでちょっと親しんでおこうと思い、昨年12月あたりから録画して観ています。
祖父母の家に子どもたちが遊びに行くといつも観ているようで、ただ大人の番組で興味が湧かず一緒に観てはいなかったようです。
私が観ているときにたまたま一緒に観た子どもたち、大喜利の面白さにハマってしまい、「なんでじいちゃんがあんなにでっかい声で笑って観てるのかわかった」だって。 
先週分を観ていたら、成人式で久しぶりに会った恩師に元生徒がこんなだった自分が今何しています、と答えるお題が出ました。
回答者は円楽さんだったかしら、「桜の木を切ってしまって正直に話したボクです」「今どうしてるの?」「大統領になりました」会話のおよその内容がこんな流れで、言葉の細部はあやふやです。
会場からは「ほおぉ〜」という声が上がっていました。

横を見ると子どもたちは無反応。「この桜の木の話、知ってる?」案の定ふたりとも知らないという返事。そっか今の子は道徳の授業がないからこの話も知らないんだね…。
しょーもない動画をいじってないでタブレットで調べてみなさいと言ったら妹は調べました。興味のない姉はシカト。テストに出たら後悔するからね〜。

アメリカ合衆国の初代大統領ジョージ・ワシントンが少年だった頃の有名な逸話ですが、こちらも月が綺麗ですねの話と同様、実話かどうかははっきりしないようです。大昔のことですしね。

子どもたちに言いたかったのは、小ネタをたくさん持てるようになりましょうということ。
知らなければ知るチャンスがあったときに逃さず自分のものにする。
知れば大喜利の答えのオチが理解できて楽しめるわけです。
国語や英語の文章問題に使われる可能性だってあるんです。
ハジメ先生を見てごらんなさいな。小ネタを詰め込みすぎてお腹がパンパンでしょうに‼️
おあとがよろしいようで…


image
宇都宮で人に会う用事があったハジメ先生に、ラーメンが食べたくてついてきてしまった私。
手打ちのしょうゆ味ワンタン麺、卵は塩味の半熟、チャーシューは脂身がほとんどない赤身でも柔らかくて香ばしい。今もう一杯食べに行けるくらい好きです。
例の卵を最後に取っておいたお店です ⭐️ 11月13日主張したいこと参照



2017/01/14

足元を見るな


今日は寒くて首を縮めて歩いたので月を見上げるゆとりがありませんでした。
センター試験真っ最中の受験生の皆さんは暖かくして温かいものを食べて体調を整えてくださいー。 

さて、チビデブの宿命、ズボンを買ったらもれなく裾上げがついてくる…。
バーゲンで買ってもうまい具合に裾上げは有料、悔しいから自分で、と思っても苦手な縫い物はなかなかやる気が起こらない…(子どもか)。
でも自分の服だから縫わなければ。それにしてもずいぶん長いの買っちゃった…。
ショートブーツは履くから(チビデブはロングブーツもNG)思い切って短めに、で何をしたかというと20㎝一気に折り返して縫っちゃいました。手縫いでまつり縫い…。
時間がかかった上にムラはあるわシワは寄るわ。
はいてみたらば1番細くなっている裾がふくらはぎで折り返して縫っちゃってあったので、キッツい‼️

よく考えればわかりそうなものですが仕上がった状態を想像せずにやってしまいました。
全部ほどいて、2回折り返して縫い直しました。
下を切れば良いのでしょうが、失敗して取り返しがつかなくなっている自分は容易に想像できたのでやめました。
どうか私に会ったときは足元を見ないふりをしてやってくださいませ…。(⌒-⌒; ) 
⭐️ 足元をみる、という慣用句があります。知ってるかな〜。

はーようやく終わったー、片付けようとした瞬間、妹が「お母さん縫い物してるならこれ縫って」と言って制服の上着を持ってきました。またホックが取れかかってる、あんたも太る一方じゃないか…( ;´Д`)。



image
縫い物ができた勢いでようやく飾ることができた葉加瀬太郎さん作の絵画。
バイオリンだけじゃないんですね。
震災の年に復興の祈りを込めて描いたシリーズなのだそうです。


 

apsmito at 23:31|PermalinkComments(2)日常のこと